1日10分でお小遣い稼ぎ!在宅副業の始め方。

「今の給料がもう少し増えたら・・」、「少ないお小遣いを増やすために副業がしたい・・」、「夫の給料以外で自分で使えるお金が欲しい・・」そんなことを考えたことはないですか?

でも結局、普段の仕事が忙しい。家事と育児の合間を縫ってできる仕事がない。そこまで労力をかけるのは正直面倒。色々な理由で諦めてしまうことも多いですよね。

今回はそんな忙しい方でも取り組める、在宅でできるお小遣い稼ぎの方法をご紹介します。

とはいったものの、「お金を稼ぐ」って難しいですよね。会社の給料は決まっているし、不動産投資や株で儲けようとしてもある程度の頭金がないと難しい。「手軽に!」「少ない金額から始められる!」「でもちゃんと稼げる!」そんな副業が理想ではないでしょうか。

そこで今回ご紹介したいのは、「FX(外国為替証拠金取引)」です。

FXと聞いてみなさんどんなイメージをもちますかね?「株みたいなもの?」「ギャンブル?」「よくわからない・・・」様々あると思いますが、FXは投資です。パチンコや競馬などのギャンブルとは違い、ある程度勝つためのロジックが存在します。では具体的に、FXではどうやって利益を上げるのかを簡単に説明していきたいと思います。

FXの仕組みと日本FX教育機構について

FXとは外国為替証拠金取引といって、外国通貨を売買することによって為替差益(利益)を目指す投資になります。よくテレビのニュース番組のなかでも「1ドル=●●円になっています」と紹介することもありますが、日本円を含む通貨の価値というのは日々変動しています。その変動を利用して利益の獲得を狙っていきます。

【FX取引のイメージ】

アメリカドルを100円の時に買う → アメリカドルが110円になった時に売る = 10円の利益 となります。

なんだたったの10円か・・・ と思うかもしれませんが、これは1ドルだけを買った時の利益になります。実際は1万〜10万通貨程度を購入することが多いので、例えば先ほどの計算式でも1万通貨を買った場合は、10円×1万通貨=10万円となるわけです。(実際のところ為替の相場が10円も動くには大変多くの時間を要しますのであまり現実的ではないイメージですが)

【FXに必要な資金】

そもそもアメリカドル1万通貨って、いくらで変えるの?って思いますよね。為替の相場にもよりますが1ドルが100円の場合、100万円必要になります。同様に、10万通貨買おうとすれば1000万円が必要です。

決して安い金額ではないですよね。ですが、FXには「レバレッジ」という機能があります。レバレッジとは手元の資金(取引保証金)に最大25倍程度をかけて運用できる昨日のことです。このレバレッジを活用すれば、10万円しか持っていなくても250万円分の外国通貨を購入することができます。このレバレッジこそがFXの最大の特徴であり、少ない資金から始められる理由になっています。

ここまで、FXの仕組みを簡単に説明してきましたが、実際にやってみるとFXは非常に難しいです。具体的には購入する外国通貨の価値が、近い将来上がるのか下がるのかを予想するのが大変難しい。ということになります。FXの知識がない人がFXを始めたとすると、ほぼ100%損をするといっても過言ではありません。

ですが、勝つ方法(正しくは勝つ確率を上げる方法)が存在することもまた事実です。

ネットで調べると10万円を1000万円にした!なんて人はザラにいることがわかります。そんなFXで多くの利益を上げている人たちは、自分なりに決めた運用ルールを必ず持っています。この「運用ルール」身につけよう!というのが、この記事で紹介したいポイントになります。

そこでご紹介したいのが、日本FX教育機構の通信教育になります。

この手の資産運用系の話は、自己流ではなかなか成功が難しいです。すでにその界隈で成功をしている人が必ずいるので、その人からしっかりとした情報や運用方法などを学ぶことが重要かつ、最もリスクが少ない手段につながって生きます。

このコースの3つのポイント

1. 金融庁の「投資助言代理業」に登録済み
2. マンツーマンで講座でマイペースに学ぶ
3. 実際にお金をつかわない「デモトレード」

1. 金融庁指定の「投資助言代理業」に登録があるスクールなので安心

通信教育や情報商材などに不安を持っている人も多いと思います。そんな人でも安心なのが、国が認めたスクールであるということです。金融庁の指定を受けているので、情報として正しい内容をお届けできることは間違いありません。スクールなので学校と同様の考え方である意味学費はかかりますが、必ず有益な情報を入手できると思います。

2. マンツーマンで講座が受けられるから自分のペースで学べる

自分のトレード(為替取引)をベースに講師が指導をしてくれるので、今現在のスキルに対して的確な指導を受けることができ、徐々にルールに則ったトレードができるようになっていきます。一気に大きな取引をして大儲けと言うのは難しいかもしれませんが、少しずつコツコツと自分のペースで運用をしていく人には相性がいいスクールです。

3. 実際にお金を使わない「デモトレードシステム」でのトレーニングが可能

ルールが理解できても、実際にお金をかけてトレードをするのは少し不安、という方が多いのでデモトレード(仮装取引)のシステムを利用して、お金をかけずにトレードの練習ができます。自分で安心ができるようになった時から、実際のトレードを開始できる点にメリットがあります。

まとめ

上記の3つのポイントでした。運用ルールというものは多くの人が失敗と成功を繰り返して集めた情報になるので、それを得るためには、その人たち=「投資のプロ」から教わるというのが最も効率的かつ効果的な方法です。

そして「どこからその情報を入手するか」という選択になってきたときに金融庁指定の投資助言代理業登録があり、デモトレードを活用しながら慎重に学んでいける。そして学ぶペースも個人個人にあわせて調整できるということで、初心者でも安心して始められる要件が揃っているように思います。

本などの参考書を読んで、FXを始めることもできますが、自分一人の解釈では正しい理解を得られていない可能性もありますし、なにより自分のお金を使って運用をするのでそこは慎重になるべきだとも思います。

そんな慎重な方にこそおすすめなので、今の生活を変えたいと思っている方や、投資に興味がある方は、一度ホームページをのぞいてみてください。

<公式HPはこちらから>

【一般社団法人日本FX教育機構】 

最新情報をチェックしよう!

お金の最新記事8件

>「すっきり図書館」の目指す姿。

「すっきり図書館」の目指す姿。

暮らしに役立つ情報、悩みを解決できる情報をまとめて、”困ったときに役立つサイト”を目指して、日々新しい情報を発信していきます。

CTR IMG