最速でGoogleにページをインデックスさせる方法。

「記事を新規でアップした場合」や「パーマリンクを変更した場合」などには、検索エンジンに記事として登録をしてもらう必要があります。

インデックスと言って検索エンジンに記事が登録されないと、記事タイトルで検索をされても引っかからないという状況になり、アクセスを伸ばすことが難しい状況が続いてしまいます。

Googleの場合、通常は時間が経つことでクロール(巡回)にアップされた記事が引っかかり、インデックスされるという流れになります。ですがこのインデックスまでの時間は予測することができません。

記事が多いサイトなどでは比較的早く登録される傾向がありますが、作られたばかりの記事などではクロールに引っかかるまでに時間を要する場合もあります。

でも即効性の高い記事などは、可能な限り早く見てもらいたいですよね。そんな時のために、Googleに最速でインデックスをしてもらうための方法をご紹介します。

 

Googleにページをインデックスさせる方法

手順は6つのステップで簡単に完了します。


<STEP1> Google Search Consoleにログイン

 

まずは、Googleの「Search Console」にログインしてください。そして左側のメニューから「クロール」をクリックします。


<STEP2> Fetch as Google を選択

続いて、クロールメニュー内の「Fetch as Google」をクリックしてください。


<STEP3> インデックスさせたい記事のURLを入力

インデックスを急ぎたい記事のURL入力を求められますので、指定の箇所を入力してください。私のサイトの場合は「〜.com/」以降の部分を入力しました。またこの際に「私はロボットではありません」というアラートが出てくることがありますので、ここにはチェックを入れて進めてください。


<STEP4> 取得作業とインデックス登録のリクエストをする

URLの入力が終わったら、「取得」というタブをクリックします。すると右下に「インデックス登録をリクエスト」というタブが出てきますので、続いてこちらをクリックしてください。


<STEP5> ロボットでないことを証明し、クロールする対象を選択する

次に上記のようなポップアップが出てきますので、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「このURLのみをクロールする」という項目にもチェックを入れて、「送信」をクリックしてください。


<STEP6> リクエスト完了を確認する

最後に「インデックス登録をリクエスト済み」という表示が右下に出ているのを確認できれば作業は完了です。早ければ数分でインデックスされ、検索エンジンで表示されるようになります。


 

以上、インデックス登録を最速で行うための手順でした。

このクロールリクエストにも1日あたりの上限数が設けられているので、リクエストする記事は選別して、情報公開速度を早めたい記事に対して行うのが良いと思います。

上記手順を参考にしながら記事の公開速度を上げて行きましょう。

最新情報をチェックしよう!

インターネットの最新記事8件

>「すっきり図書館」の目指す姿。

「すっきり図書館」の目指す姿。

暮らしに役立つ情報、悩みを解決できる情報をまとめて、”困ったときに役立つサイト”を目指して、日々新しい情報を発信していきます。

CTR IMG