趣味を探しているあなたへ「ダーツ」をおすすめる3つの理由!

ダーツと聞くとどんなイメージが浮かびますかね?

「真ん中に矢を投げるゲーム」「お酒を飲みながら楽しむ遊び」「なんとなく”夜”にやるイメージ」など様々あるかと思います。

「ダーツ=遊び」という認識の方の方が多いように思うのですが、ダーツはスポーツとして楽しむこともできる、多様な楽しみ方ができる娯楽なのです。

では早速、そんなダーツを趣味としておすすめする理由を書いていきたいと思います。

 

ダーツをおすすめする3つの理由
  1. 音や演出が気持ちいい
  2. 奥が深くやりこみ要素がある
  3. スキルアップが目に見えて感じられる

 

  1. 音や演出が気持ちいい

ソフトダーツ(矢の先がプラスチックのもの)ではダーツボードが電子化されていて、刺さった場所に応じて効果音がでますよね、Bullに入った時の効果音の気持ち良さは最高です。さらにアワード(Hat TrickやLow Tonなど)を出せた時にはアワードムービーという演出で盛り上げてくれます。狙ったところに投げられた時のなんともいえない満足感はダーツならではのものではないでしょうか。

 

  1. 奥が深くやりこみ要素がある

ダーツはシンプルに考えると「真ん中(ブル)を狙うゲーム」です。みなさんも一度はゼロワンという数を減らしていくゲームで、真ん中をひたすら狙うという遊び方をしたことがあると思います。このゼロワンというゲームはまさに定番のゲームですが、もう一つの定番ゲームとして「クリケット」というものがあります。

クリケットは数字の20ー15までとBullを使った陣取りゲームのようなもので、狙う場所が決まっているため一般的にゼロワンよりも難しいとされています。また、ただの20ではなく20のトリプルやダブルなど、より狭いエリアを狙っていくことでゲームを有利に進められる仕組みなので、プレーヤーのスキルが結果に繋がりやすいとも思います。

このように「狙ったところに投げられる」というだけのスキルが身につくと、運ではなくて戦略を立てて戦うことができるので、相手との駆け引きを含めてダーツが数倍楽しくなりますので、このレベルまで到達して見るとスポーツとしてのダーツの楽しさを感じられるかもしれません。

 

  1. スキルアップが目に見えて感じられる

最近のソフトダーツでは、カードとアプリを使って自分のスコアを記録すしながら遊ぶことが主流です。ダーツボードにカードを指している人をみたことがありませんか?あれがそうです。

具体的にカードを使うとどんなことができるかというと、自分の過去のゲーム履歴を参照して、「レーティング(ランクのようなもの)」や「平均スコア」「ブルに入った回数」「友達と対戦結果」などを確認することができます。

さらに、ダーツを遊んでいる時に画面に表示される「テーマ」の変更や、「通り名の設定」「アワードムービーの設定」など、様々なものを自分仕様にカスタマイズできます。

このカードデータを見ながら、「今日は調子が良かった」「今月でレーティングが上がった」など自分のスキルや上達具合をリアルタイムで確認できるようになります。これがモチベーションになりますし、自分と同じレーティングの人と対戦をすると力が拮抗するので、なんともいえない緊張感とダーツで競い合うことの楽しさを感じることができます。

 

以上、ダーツをお勧めする3つの理由でした!

この記事でダーツの魅力が少しでも皆さんに伝わったらいいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!
>「すっきり図書館」の目指す姿。

「すっきり図書館」の目指す姿。

暮らしに役立つ情報、悩みを解決できる情報をまとめて、”困ったときに役立つサイト”を目指して、日々新しい情報を発信していきます。

CTR IMG