アメックスはなぜハイステータスと言われるのか?

アメックス(プロパーカード)はなぜハイステータスなのか

みなさんは、アメックスカードについて、どんなイメージを持っているでしょうか。「有名な国際ブランド」、「なんだかステータスがありそう」、「でも意外と使えるお店が少ない」、筆者はこんなイメージを持っていました。

実際に、アメックスはダイナースクラブと並んで、世界的にハイステータスのカードとして知られていますが、その理由はいまいちわからないという方も多いかと思います。今回は、アメックスがハイステータスと言われる所以を、解説していきたいと思います。

 

ハイステータスと言われる理由

1. 日本では所有者が少ない

2. 年会費が高い

3. 付帯サービスが充実

大きく分けるとこのあたりが、アメックス=ハイステータスというブランドイメージを確立している要因かと思います。

 

1. 日本では所有者が少ない

アメックスは世界シェアでは第3位に位置している、有名な国際ブランドカードです。ですが日本に限ってみれば、その所有者は少ないと言われています。その理由としては、国内シェアの大部分を占めるVISA・Master・JCBの3ブランドが、圧倒的な種類の提携カードを発行していることが大きな要因です。

提携カードとは、クレジットカード会社がカードブランドを貸出し、提携をした他の企業が発行するカードになります。VISAで考えてみると、「三井住友VISAカード」は三井住友カードが発行する、VISAの提携カードということになります。

ではアメックスはどうかというと、セゾンカードなどで提携カードを発行していますが、上記3ブランドと比較すると母数が全く違います。また、今回テーマにあげている「アメックスのプロパーカード=アメックス自体が発行しているカード」で考えると、更に希少性が高いカードといえます。

また、その他の要因として、多くのクレジットカードがあふれている日本に置いては、年会費無料のカードも多く存在するため、あえて年会費の高いアメックスを選ばないという選択をする人が多いということも考えられるでしょう。

 

2. 年会費が高い

年会費無料のカードも多い中、アメックス(プロパーカード)は年会費だけ見ると高く感じてしまい、なかなか手を出しにくいという実態があると考えられます。下記はアメックスのカードランク別年会費です。

アメリカン・エキスプレス・カード:12,000円(税別)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:29,000円(税別)

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード:130,000円(税別)

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード:350,000円(税別)

逆に言うと、それだけの年会費を払ってでもあえてアメックス(プロパーカード)を持っているという人は、それだけ収入面が恵まれていて、生活にゆとりがある人が多いのではないかとも考えられますので、「アメックスホルダー=ステータスの高い人」というイメージが醸成されるのも自然なことかと思います。

 

3. 付帯サービスが充実

アメックスの付帯サービスは、他のブランドのカードと比べて圧倒的に充実しています。アメックスの一般カードは、他ブランドのゴールドカードと同等の付帯サービス、アメックスのゴールドカードは、他ブランドのプラチナカード/ブラックカードと同等の付帯サービスと言われているほどです。

一般カード(グリーンカード)ですら、下記の付帯サービスを受けることができます。(この他にも記載できていないサービスもあります)

・カード会員専用旅行ウェブサイトで、ホテルなどの予約サービスが利用可能

・ツアー代金の優待や、海外ホテル予約で料金を割引

・国内外の旅行の予約で、旅行代金を割引

・最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯(海外・国内:利用付帯)

・ショッピング・プロテクションで、最高500万円まで補償

・オンライン・プロテクションで、不正使用損害を全額補償

・リターン・プロテクションで、最高3万円まで返品を補償

・カード紛失、盗難の場合、新しいカードを無料発行

・出発と帰国時に、スーツケース1個を無料配送

・空港と自宅間でタクシー料金が割安に利用可能

・国内28、海外2空港の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用出来る

・国内外700カ所以上の空港VIPラウンジを利用出来る

・海外でのレストラン予約や緊急時の支援まで、24時間日本語でサポート

・貯めたポイントは、マイルやカードの支払いにも利用可能

いかがでしょうか。これだけの付帯サービスが受けられるのならば、年会費が高額なことも納得できるのではないでしょうか。

さらに、ゴールドカードにランクアップすれば、レストランでの食事が1名無料になるサービスや、ゴールド会員限定のイベントへの参加、映画の試写会への招待など、さらに付帯サービスが充実してきます。

 

まとめ

ここまで、アメックスがハイステータスである理由を解説してきました。他のブランドと比べて年会費が割高であることは否めませんが、しっかりと使いこなすことができれば、年会費以上のサービスを受けることが充分にでき、イメージ通りのステータスの高さを実感することができます。

年会費無料の入会キャンペーンも定期的に実施していますので、まず1年使ってみるというスタンスで、アメックス(プロパーカード)を持ってみるという選択肢もあるのではないでしょうか。

<アメリカン・エキスプレス公式サイトはこちら>

最新情報をチェックしよう!
>「すっきり図書館」の目指す姿。

「すっきり図書館」の目指す姿。

暮らしに役立つ情報、悩みを解決できる情報をまとめて、”困ったときに役立つサイト”を目指して、日々新しい情報を発信していきます。

CTR IMG